2015年02月27日

完成披露試写会では・・・さださんと大沢さんが(笑)


350635_02_01_02
(C)2015「風に立つライオン」製作委員会

風に立つライオン (2015)

【監督】三池崇史
【出演】大沢たかお / 石原さとみ / 真木よう子 / 萩原聖人 / 鈴木亮平 /
     藤谷文子 / 中村久美 / 山崎一 / 石橋蓮司

【解説】
アフリカで医療活動に従事した実在の日本人医師にインスパイアされた
さだまさしが87年に発表した同名曲をモチーフに、さだ自らが2013年に
書き下ろした小説を、大沢たかお主演で映画化したヒューマン・ドラマ。
共演に石原さとみ、真木よう子。監督は「藁の楯 わらのたて」
「神さまの言うとおり」の三池崇史。
1987年、大学病院に勤務する島田航一郎はケニアの研究施設に
派遣されることが決まり、恋人の貴子を日本に残し、ケニアへと旅立った。
現地で研究と臨床に明け暮れ、充実した日々を送っていた航一郎だったが、
ある日、国境近くの赤十字病院からの派遣要請を受ける。
航一郎は、想像を絶する過酷な状況に戸惑いながらも、同病院で出会った
日本人看護師・草野和歌子と力を合わせ、負傷者の手当に当たる。
ある日、そんな航一郎の前に、一人の少年兵ンドゥングが担ぎ込まれてくるが…。
                          <allcinemaより>

オフィシャル・サイト http://kaze-lion.com/

350635_01_05_02
(C)2015「風に立つライオン」製作委員会

★★★ [60点]「舞台挨拶では、大沢さんが饒舌でした。」


完成披露試写会@東京国際フォーラムで拝見しました。
豪華な俳優陣+監督+さだまさしさん登壇。

そうこの作品は、さだまさしさんの唄が元になっていて
唄を知った大沢さんがさださんに、
「小説にしませんか?映画化しませんか?」と
もちかけたことで出来た作品だそうです。



エンドロールでも「企画 大沢たかお」と出ていましたし、
当然映画化に際して出資などもされているからでしょうか?!
舞台挨拶での大沢さんは、今まで見たことがあるぶっきらぼうな会話ではなく
ロードショー公開時には再度、お金を払って見に行ってほしい・・・と
宣伝するくらい、饒舌に語っていました。

1_large
(C)2015「風に立つライオン」製作委員会

映画自体は、唄の歌詞を知らない私には、
長崎医大のことや、アフリカの現状、そしてマザー和歌子という
孤児院のことを知れたことは良かったと思いましたが
ラストがまさか・・・の想像していなかったストーリーで
ちょっと暗くなりました。

350635_01_11_02
(C)2015「風に立つライオン」製作委員会

個人的には離島の病院を継いだ娘=医師の話はステキだと思いましたし、
この離島の撮影では、地元のおじいちゃんおばあちゃんが
エキストラとして名演技をされていて
とっても微笑ましくスクリーンをみてしまいました。

350635_01_09_02
(C)2015「風に立つライオン」製作委員会

出来ることならば作品推しするならば、
DVDレンタルになった時には是非!!と言いたいですが、
劇場で映画を見る派としては、劇場で是非〜と
勧めるほどではないかな〜と(^_^;)
大沢たかおさん、ごめんなさいぃぃ。

Posted by 恵ena那 on 2015/02/27
with ぴあ映画生活

posted by せっちゃん at 18:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 試写会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

生大沢たかお、生石原さとみ、生真木よう子

2015-02-25-01-18-25


昨夜観てきました。

風に立つライオン 完成披露試写会

友達が早くから並んでくれたおかげで、
けっこう前の方の席になり〜

生大沢たかお、生石原さとみ、生真木よう子

posted by せっちゃん at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 試写会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

官能ラブ・ロマンス? 大したことないのね。

350309_02_01_02
(C)2015 Universal Studios

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ (2015)

【監督】サム・テイラー=ジョンソン
【出演】ジェイミー・ドーナン / ダコタ・ジョンソン / ジェニファー・イーリー / マーシャ・ゲイ・ハーデン / マックス・マーティーニー / ルーク・グライムス / リタ・オラ / エロイーズ・マンフォード / ヴィクター・ラサック

350309_01_01_02
(C)2015 Universal Studios

【解説】
世界中の女性を虜にした一大ベストセラーを映画化した
官能ラブ・ロマンス。主演はジェイミー・ドーナンとダコタ・ジョンソン。
監督は「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」の
サム・テイラー=ジョンソン。巨大企業の若きCEOと恋に落ちた
女子大生を待ち受ける純粋な愛と倒錯した官能の世界を綴る。
大学生のアナ・スティールは、学生新聞の取材で若き実業家
クリスチャン・グレイにインタビューすることに。恋愛経験もなく、
世間知らずなアナは、ハンサムで謎めいたグレイにたちまち心惹かれる。
一方のグレイも、地味でウブなアナを新鮮に感じ、興味を持つ。
ほどなく2人は急接近。やがて、グレイの住む超高層ビルの
ペントハウスに招かれるアナだったが…。
                    <allcinemaより>

オフィシャル・サイト http://fiftyshadesmovie.jp/

350309_01_06_02
(C)2015 Universal Studios

★★ [40点]「大したことないのね。」

なんか意味深にTVCMと時期的にはバレンタインな時期公開で
恋愛映画? ただのエロい映画?!と気になりましたが
女子同士で見に行くのも、ましてや男子と見に行くのも勇気がなく
ひとりで観てきましたが、劇場はかなり空いていました。

2016378
(C)2015 Universal Studios

そう、本編を観てから気が付いたのですが、
R18指定?下手なぼかしというか黒丸でスクリーンが隠されて
興ざめな鑑賞となりました。ホントがっかり・・・。大したことなかったし・・・。

350309_01_09_02


SMプレイですか? 日本だとアダルトビデオとか
エロチャンネルがそういう場所では観れるし
ちょっと前だと、壇蜜さんの映画とか、
杉本彩さんの団鬼六映画とかの方が、
観たことはないけど〜すごいような気がしました。

350309_01_05_02
(C)2015 Universal Studios

まぁ若い独身の社長と女子大生のシンデレラストーリー的には
イマドキの割り勘主義な草食系男子には
半分くらいでも真似してもらいたい感じ?

終わり方も釈然としなくて、消化不良な作品でしたが、
モザイクなしバージョンもあるの???
原作は3部作のようだけど、続きがあるの???

350309_01_07_02
(C)2015 Universal Studios

あぁぁ・・・映画好きな友達に聞いてみたい気もするけれどー
なーんか聞けないぃぃ(^_^;)

DVDレンタルやhuruとかで観ればよかったxxx

Posted by せつちゃん on 2015/02/20 with ぴあ映画生活
posted by せっちゃん at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

この構図、チラシ、似てない?!


この構図、チラシ、似てない?!
今公開中とこれから公開と・・・昔のこの作品
見比べてみて〜(笑)

ラブストーリーズ エリナーの愛情(2013)
350608_02_01_02
(C)2013 Disappearance of Eleanor Rigby, LLC. All Rights Reserved


そして懐かしいぃぃ・・・
ノラ・ジョーンズ/ジュード・ロウ (C)Block 2 PICTURES 2006

 Photos
マイ・ブルーベリー・ナイツマイ・ブルーベリー・ナイツマイ・ブルーベリー・ナイツマイ・ブルーベリー・ナイツマイ・ブルーベリー・ナイツマイ・ブルーベリー・ナイツマイ・ブルーベリー・ナイツマイ・ブルーベリー・ナイツ

 
posted by せっちゃん at 10:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

恋愛映画? どれを見る?!

バレンタインデー公開っていうタイミングで
この邦画、廣木監督とはお会いしたこともあるので
早く見たいなぁ〜と思っていましたが

娚の一生(2014)
349045_02_01_02
(C)2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会

普通の連愛映画?! こちらとこちらも気になりますぅ。
ラブストーリーズ エリナーの愛情(2013)
350608_02_01_02
(C)2013 Disappearance of Eleanor Rigby, LLC. All Rights Reserved

きっと、星のせいじゃない。(2014)
350659_02_01_02
(C)2014 TWENTIETH CENTURY FOX

WEBでTVCMで、やたらに宣伝していたので
こちらも気になる洋画・・・も、気になりますね(^_^;)
2016378


フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(2015)
350309_02_01_02
(C)2014 Universal Studios

そして、こんな単館系? アップリンクで上映される映画
こちらもバレンタインに合わせての公開を狙ったのでしょうか?!

マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画(2015)
351181_02_01_02
(C)Makoto Sasaki

そして、お勧めなこの映画も公開中でーす(*^^*)

はじまりのうた(2013)
350077_02_01_02
(C)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED


posted by せっちゃん at 10:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

一日映画尽くしでした



土曜日一日参加できた・・・キネマ旬報ベストテンの
第一位発表と表彰式



3本見続けるのは、座りっぱなしで大変でした(^_^;)
が、慣れている人なのか? ひざ掛け持参年配の方や
スリッパに履き替える人たちが結構して(@_@)

なるほど・・・

文化賞、この手のドキュメンタリー作品でも長編でしたね。
撮影機材、望遠レンズとか使っているだろうなぁ〜と思うと
おいくらかかったかしら? なーんて、考えたりしました(^^ゞ

外国作品賞、二度目の鑑賞でした。

日本映画の賞を総なめした「そこのみにて光輝く」は、
いろんな意味で話題があり、知っていたけど・・・
観ていなかったので見れてよかったですね。

kine88-2

そして何より、授賞式で想定外の細野晴臣さんを生で観れたのは
遠目でしたが、嬉しかったです。ナマ声は聴けましたしね♪

posted by せっちゃん at 20:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

キネマ旬報 表彰式

image


今日は1日文京シビックホールで映画鑑賞。
3本の映画とキネマ旬報の表彰式で
11時過ぎから20時近くまで長丁場でしたが、
会場は立ち見が出るほどの満席でした。

表彰式には綾野剛や東出昌大、そして俳優ではないのに、
YMO時代からファンの細野晴臣さんまで登壇されて〜
写メれなくても生で観れて満足でした。

また夏休みの読書感想文同様に、
映画感想文が全国の小学校で必須?になることを、
映画好きな者として陰ながら応援したいと思いました。 

#映画 #cinemalife #キネマ旬報


posted by せっちゃん at 20:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

期間限定、気になります

         
image


駅のポスターで知りました(^▽^;)

最新情報

文化庁メディア芸術祭は、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバルです。

今年度は世界71ヶ国・地域から3,853作品の応募がありました。厳正なる審査の結果、大賞、優秀賞、新人賞を選出しました。また、メディア芸術分野に貢献のあった方に対して贈呈する功労賞を決定しました。
受賞作品

受賞作品展は2月4日(水)から2月15日(日)まで、東京・六本木の国立新美術館を中心に開催します。
開催概要


logo
posted by せっちゃん at 22:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする