2009年11月27日

獅童さんも出ている、鳥取の映画・・・


今日、ランチに丸の内ハウスを通ると・・・
サロンの隣の「ROCK AROUND THE CLOCK」でカレーランチを発見!


giniro_1_1a.jpgそこで、映画「銀色の雨」のチラシを発見!

よくみたら鳥取で撮影されたようです。
そうまだ丸の内ハウスでやっている鳥取フェアの関係でした。

知らなかった〜
そうならそうと・・・もっと映画の宣伝もタイアップでしてー

銀色の雨

2009年/日本/2009年10月31日鳥取県・島根県先行、11月28日順次公開監督:鈴井貴之
出演:賀来賢人、前田亜季、中村獅童

【解説】
北海道発の人気番組「水曜どうでしょう」の鈴井貴之が「銀のエンゼル」に続いて撮り上げた監督第4作。初めて北海道を飛び出し、鳥取県米子市を舞台に浅田次郎の同名短編を映画化。主演は「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」の賀来賢人、共演に中村獅童、前田亜季。
 幼い頃に父を亡くし、母の故郷鳥取の小さな町で住み込みの新聞配達をしながら高校に通う青年、和也。ある日、些細なきっかけから家出をし、東京へ向かうが途中の米子で夜を明かすハメに。途方に暮れているところを、かつて母のもとで働いていた菊枝と偶然再会、彼女のマンションに転がり込む。翌日、菊枝は暴漢に襲われケガをした男、章次を連れて帰ってくる。こうして、奇妙な共同生活を始めた3人。やがて章次がプロボクサーだと知った和也は、同じボクサーだった父のイメージを重ねるようになるのだが…。    ===allcinemaより===
オフィシャル・サイト http://giniro-movie.com/

334772_01_01_02.jpg

鳥取の食やお酒は宣伝されていたけれど、もっともっと映画も宣伝してあげて下さいね。
ラベル:鳥取 島根 映画
posted by せっちゃん at 09:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宣伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック