2011年02月07日

渡辺淳一 作家生活40年 男と女甘き悦楽の誘い


2.5-3.4.jpg

【銀座新聞ニュース=2011年2月4日】で知りました。

『渡辺淳一 作家生活40年 男と女甘き悦楽の誘い』


作家生活40年。多方面にわたり第一線で活躍中の作家・渡辺淳一。
なかでも中年男女を中心に普遍である人間の性愛をセンセーショナルに
描いた映画化作品は夫婦や家族の崩壊、愛人、不倫など
様々に揺れ動き葛藤する男女の悲哀や心模様を描く。
深層心理に潜む欲望、悦楽の甘き誘い。人間の強さ、弱さを
目の前にさらけ出しあがく男女の物語11編。

銀座シネパトス にて、2/5〜 3/4

上映作品と日程は以下の通りで、すべてカラー。
2月5日から2月9日は
「泪壺」(2007年、監督は瀬々敬久さん、
主演は小島可奈子さん、いしだ壱成さん、110分)、
「失楽園(海外版)」(1997年、監督は森田芳光さん、
主演は役所広司さん、黒木瞳さん、119分)。

2月10日から2月13日は
「マリッジリング」(2007年、監督は七里圭さん、
主演は小橋めぐみさん、保坂尚輝さん、99分)

「愛の流刑地」(2006年、監督は鶴橋康夫さん、
主演は寺島しのぶさん、豊川悦司さん、125分)。

2月14日から2月17日は「桜の樹の下で」(1989年、監督は鷹森立一さん、
主演は岩下志麻さん、七瀬なつみさん、109分)と
「化粧」(1984年、監督は池広一夫さん、
主演は松坂慶子さん、中井喜一さん、137分)。

2月18日から2月22日は
「メトレス」(2000年、監督は鹿島勤さん、
主演は川島なお美さん、三田村邦彦さん、102分)

「阿寒に果つ」(1975年、監督は渡辺邦彦さん、
主演は五十嵐じゅんさん、三浦友和さん、87分)。

2月23日から2月27日は「別れぬ理由」(1987年、監督は降旗康男さん、
主演は三田佳子さん、107分)と
「ひとひらの雪」(1985年、監督は根岸吉太郎さん、
主演は秋吉久美子さん、津川雅彦さん、105分)

2月28日から3月4日は「化身」(1986年、監督は東陽一さん、
主演は黒木瞳さん、藤竜也さん、92分)と「失楽園(海外版)」。


「ひとひらの雪」あたりが観たいなぁ〜と思いました。
posted by せっちゃん at 03:01| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 宣伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
渡辺さんの小説は、パラパラと読んでました。
「失楽園」の時は、日経新聞に連載だったので、オイオイっと思いながら読んでました。
最後のワインが「シャトーマルゴー」だったので、これもオイオイっと、、、(好きなワインだったので、、)ちょっと開けにくくなったりしました。。「シャトーマルゴー」を開ける時は、必ず思い出しちゃいます。。。
Posted by shun at 2011年02月09日 18:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/184626078
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック