2015年01月24日

やっぱり良かった「はじまりのうた」

シーロー・グリーン / キャサリン・キーナー

【解説】
アカデミー歌曲賞に輝いた「ONCE ダブリンの街角で」で高い評価を
受けたジョン・カーニー監督が、キーラ・ナイトリーとマーク・ラファロを
主演に迎えて贈る音楽ドラマ。崖っぷちの音楽プロデューサーが、
恋人に裏切られた失意の女性シンガー・ソングライターと手を組み
再起を図る姿をハートウォーミングに綴る。
                                                             <allcinemaより>


オフィシャル・サイト http://hajimarinouta.com/

350077_01_01_02
(C)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED

★★★★ [80点]「一緒にリズムとったり歌ったり演奏したいくらい〜♪」

『once ダブリンの街角で』は大好きな作品で
かなり前だしマイナー作品だと勝手に思っていたら
意外にも私の周りにはファンが多かったみたいで〜
そんな彼女たちより、この作品を早く観れるだけで
ワクワク&ドキドキ&優越感でした(*^^)v

今回はN.Y.が舞台でーあれあれハッピーから失恋?!
見返すために、年上のダメなおじさんと恋愛になったら
ヤダヤダ、だめよ、ダメダメ〜って 
心の中で思っていたら・・・
一線を越えずにビジネスパートナー関係を保ち、
ちょっとケンカもしたけれど、最高にハッピーな
ゴールで100分強で終わってくれたので満足でした。

350077_01_02_02
(C)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED

実際の楽曲が、これがイマドキのN.Y.ウケする音楽なのか〜?!
ちょっと疑問はありましたが、キーラ・ナイトレイの歌声と、
街中でのセッションシーン、一緒に作り上げている
仲間の一人になれた気分で、
観ながらリズムをとりそうになっている自分がいて、
何度も聴いて覚えたフレーズは口ずさみたくなり、
一緒に踊ったり、演奏したり、コーラスで加わりたくなるくらい・・・
かなりスクリーンに引き込まれてしまいました(^▽^;)

350077_01_03_02
(C)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED

過去の栄光にすがり、酒浸りなダメなおじさんと、
そんなに父に嫌気がさす娘や、離婚前の妻のエピソードも、
私的には「あるある〜」だったり
メジャーになってしまった彼や曲のアレンジなどは、
日本でもきっとよくある話なんだろうなぁ〜と思ったり、
完成したアルバムを大手と契約しないでいきなりネットで・・・
なんてところは、超イマドキだったり、身近なところも
共感しやすかったのかも♪

350077_01_04_02
(C)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED

そして何より100分ほどでまとめられているところが、
睡魔に襲われず、飽きることなく、見やすい時間で
非常に良かったですね。最近の重要度(笑)

もう一度友達と見に行ってもいいかな〜(^-^)

350077_01_05_02
(C)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED
posted by せっちゃん at 00:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 試写会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック