2015年10月11日

動物好きなら、犬猫分け隔てなく〜

166548_1
稲葉優子 / 香川勉 / 菊池勝男 / 芥川卓 / 西山由希宏

166548_2
(C)2015「先生と迷い猫」製作委員会

【解説】
 「トニー滝谷」「太陽」のイッセー尾形が妻に先立たれたカタブツで
孤独な偏屈老人を演じ、一匹の三毛猫を介して町の人々との触れあいを
知り、妻の死から立ち直っていく姿を切なくも温かに綴る感動ドラマ。
共演は染谷将太、北乃きい、もたいまさこ、岸本加世子ほか。
監督は「60歳のラブレター」「神様のカルテ」の深川栄洋。
 校長先生を定年退職した森衣恭一は、妻に先立たれてひとり暮らし。
カタブツで偏屈な彼は近所でも浮いた存在で、孤独な日々を送っていた。
そんな森衣の家に毎日姿を見せるのが、亡き妻がかわいがっていた
三毛猫のミイ。しかし妻を思い出すのが辛い森衣は、いつもミイを
追い払ってしまう。するとついにミイはぱったりと来なくなる。
そうなると反対に気になってしまい、結局ミイを捜し回るハメに。
やがて森衣は、ミイが町のあちこちで様々な名前で呼ばれ、
かわいがられていたことを知る。皆、ミイが突然姿を消して心配していた。
そんな町の人たちと一緒に必死になってミイを捜すうち、
少しずつ頑なな心に変化が生じていく森衣だったが…。
<allcinemaより>

オフィシャル・サイト http://www.sensei-neko.com/

351954_01_02_02
(C)2015「先生と迷い猫」製作委員会

★★★★ [80点]「動物モノは観てハズレなし」

ロードショー初日に観てきました。
いつも予習をしないで観る私なので
チラシや予告動画を見ただけでしたから
てっきり飼い猫が、奥様が亡くなって
世話してくれなくなった旦那様とふたりでは
気まずくて・・・野良猫になったのだと思っていたら・・・
もともと野良猫だったんですね。お店ならまだしも
野良猫を飼い猫のように部屋に入れていたの???

351954_01_05_02
(C)2015「先生と迷い猫」製作委員会

それにしても「やっぱり猫が好き」のイメージが
私には強いもたいさん。そのつながりで、猫好きな
矢野顕子=AKKOちゃんが曲を書いてほしかったなぁ〜という想いと
最近、映画やドラマでは名脇役なイッセーさん。
出演俳優さんたちも老若男女バラバラな感じで、
まとまるの???って心配しそうになりましたが
えーっ、そんな感じでつながりまとまるんだ〜と
気になりだしたら、あそこもここも、突っ込みたくなり〜
睡魔にも襲われずにあっという間に終わってしまった感じでした。

351954_01_06_02
(C)2015「先生と迷い猫」製作委員会

あの小学生は大丈夫なの?!
嶋田久作の役は怖い人?!優しい人?!
若い二人はこのまま付き合うの?!
そして肝心な猫はいたの?!いないの?!など
もう少し先まで見届けたかったところを、
寸止め状態で終わらせて、
あとはそれぞれの想像に任せる的な編集に、
ちょっとモノ申したくなりました(苦笑)

351954_01_04_02
(C)2015「先生と迷い猫」製作委員会

動物映画は観てハズレないですね。
動物好きなら、犬猫分け隔てなく〜皆に好まれそう。
猫のしぐさを観ているだけでも癒されましたし、
音楽もとっても癒される感じでした♪

最近流行のWEBサイト「キャットビュー」のように、
街なかの風景をもう少しみぃに案内してもらいたいですね。

Posted by せっちゃん on 2015/10/11 with ぴあ映画生活
351954_01_01_02
(C)2015「先生と迷い猫」製作委員会


posted by せっちゃん at 19:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428950100
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック